先端ツール活用支援事業補助金

更新日:2021年04月28日

先端ツールの活用を支援します

市内製造業が、生産性の向上、業務の効率化または既存事業の発展に向け、デジタル技術・先端ツール等を導入・活用する際に要する経費に対して補助します。

≪補助率≫ 1/2以内
≪限度額≫ 50万円
≪申請期間≫12月31日まで

対象経費

・機械装置やシステム構築費
・広報費(ただし、事務の効率化や、受注確保などによる事業の発展に効果のあるウェブサイトの新規作成や更新に要する経費)
・技術導入費(事業遂行のために必要な知的財産権等の導入に要する経費)
・専門家経費(事業遂行のために依頼した専門家への謝礼)
・運搬費(運搬料、宅配・郵送料等に要する経費)
・クラウドサービス利用費
・原材料費(試作品の開発に必要な原材料及び副資材の購入に要する経費)
・外注費(必要な加工や設計・検査等の一部を外注(請負、委託等)する場合の経費)
・知的財産権等関連経費
・研修参加費用および旅費
・IT人材マッチングサイト登録料金
・その他事業遂行のために必要とする経費
※日本標準産業分類に定める大分類が、「製造業」を主たる事業として営むもの
 で、市内に主たる工場若しくは研究所等施設を有する中小企業者が対象。
 

関係書類 ※ダウンロードします

この記事に関するお問い合わせ先

工業振興課

〒394-0028
長野県岡谷市本町1-1-1
電話:0266-21-7000