産婦健康診査県外受診補助金交付事業

更新日:2020年03月27日

産婦健康診査を県外等で受診される方へ費用の一部を公費負担します

 岡谷市では、里帰り等の都合で県外の医療機関等で産婦健康診査を受けられた場合、市から産婦健康診査料(保険適用外)の一部を助成します。(上限がありますので、超えた部分は自己負担になります。)
 助成対象の産婦健康診査(2回終了)後、申請ください。
 詳しい内容及び申請方法についてはお問い合わせください。

手続き方法

  1. 「医療機関宛て通知書」を希望する医療機関に提出し、産婦健康診査を受診してください。
  2. 産婦健康診査料は、直接医療機関にお支払いください。
  3. 当課に、県外受診補助金交付申請の手続きをしてください。(申請手続き後、指定していただいた口座へ補助金を振込みます。)
    【持ち物】
    • 申請書兼請求書(様式第1号)※記入方法は、記入見本をご参照ください。振込先は受診者本人名義の口座としてください。
    • 領収書の原本・診療明細書(ある場合のみ)※原本は、確認後お返しいたします。
    • 産婦健康診査受診票 ※受診した機関で健診結果を記入済みのもの。
  4. 申請手続き後、「産婦健康診査県外受診補助金支給決定通知書(様式第2号)」を送付し、申請していただいた口座へ補助金を振り込みますのでご確認ください。※申請時から2ヶ月程かかりますがご了承ください。                                          

注意事項

  1. 産婦健康診査受診票(補助券)は、紛失しないようご注意ください。紛失した場合は、お支払いできない場合があります。
  2. 支払い上限額は1回5,000円(1人2回分まで)になります。
  3. 産婦健康診査受診票には、受診医療機関による受診結果の記載が必要です。必要な産婦健康診査項目を全て受診していない場合や、健診結果が全て記載されていない場合は、助成の対象外となります。受診の際は、別紙医療機関宛て通知書を提示し、内容をご確認いただいた上で受診してください。
  4. 医療機関が用意する別様式の受診票を使用した場合でも、必要な健診結果が全て記載されている場合は岡谷市で交付した未記載の産婦健康健康診査受診票とあわせて提出することで、申請が可能です。
  5. 領収書は、受診者の氏名や医療機関名、受診年月日が確認できるものを提出してください。
  6. 岡谷市外に住民票を異動した後に受診した場合は、このサービスを受けることができません。転入先の市町村へお問い合わせください。

申請書類は、岡谷市役所健康推進課にあります。下記よりダウンロードもできますのでご利用ください。

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課

〒394-8510
長野県岡谷市幸町8-1
電話:0266-23-4811(内線:1181)