岡谷市ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業のご案内

更新日:2020年04月13日

高等学校卒業程度認定試験とは?

高等学校卒業程度認定試験とは、高等学校を卒業していない方の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業したものと「同等以上の学力」があるかを認定する試験です。

何らかの事情で高校を中退した方や中学を卒業して社会に出た人で、「転職や今後の将来のために高校卒業と同様の認定が欲しい」という方には、以下の通り助成があります。

対象者

市内在住の 母子家庭の母または父子家庭の父の方及びその児童(20歳未満)で以下の要件を満たす方

  • 高校卒業資格のない方
  • 児童扶養手当の支給を受けているかまたは同様の所得水準にあること

助成内容

受講修了時 講座の受講修了時、入学料及び受講料の2割相当額を支給
合格時 受講修了時の給付金を受けた方が2年以内に合格したとき、入学料及び受講料の4割相当額を追加して支給

※総費用の6割及び15万円が上限額

対象講座

  • 高校認定試験合格のための講座(通信講座を含む)

注意事項

  • 給付を受けるためには事前に「講座の指定」を受け、修了時と合格時にその都度「申請」する必要があります。事前に必ずご相談ください。
  • ご利用はお1人1回限りです。

この記事に関するお問い合わせ先

社会福祉課 生活福祉担当

〒394-8510
長野県岡谷市幸町8-1
電話:0266-23-4811(内線:1253・1258・1263)