岡谷市不妊治療・不育治療の助成事業について

更新日:2020年03月27日

岡谷市では、不妊および不育治療等を受けているご夫婦に対し治療費の一部を助成する事業を実施しています。

岡谷市一般不妊治療費助成事業

助成対象の条件(いずれにも該当する方)

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦
  2. 夫婦の双方が、申請日の1年以上前から岡谷市に住所を有している
  3. 市税を滞納していない
  4. 医療保険に加入している
  5. 妻の年齢が43歳未満
  6. 夫婦の所得合計が730万円未満

助成対象・金額

  • 不妊治療等に要した、保険診療一部負担金額
  • 医療保険適用外の不妊治療(体外受精及び顕微授精は除く。)
    合計した金額の2分の1以内(1円未満の端数切捨て)
    1. 1年度(4月から翌年3月)あたりの助成回数:1回
    2. 1年度あたりの助成限度額:5万円
    3. 1夫婦あたりの助成年限:初回申請年度から連続する3年度

申請に必要な書類

事前協議

  1. 岡谷市一般不妊治療費助成事業事前協議票
  2. 夫婦の所得額を証明する書類(所得・扶養証明書
  3. 医療保険証のコピー
  4. 住民票の写し(世帯全員分)

申請

  1. 岡谷市一般不妊治療費助成事業申請書
  2. 岡谷市一般不妊治療費助成事業医師証明書
  3. 一般不妊治療に要した費用に係る領収書

岡谷市特定不妊治療費及び不育治療費助成事業

助成条件(いずれにも該当する方)

  1. 「長野県不妊に悩む方への特定治療支援事業」と「長野県不育症治療支援事業」のいずれか、または 両方の交付決定を受けている方
  2. 夫婦の双方が、申請日の1年以上前から岡谷市に住所を有している
  3. 市税を滞納していない

助成対象・金額

  • 長野県特定不妊治療要綱の認める特定不妊治療
  • 長野県不育治療要綱の認める不育症治療
    1. 補助率:長野県助成事業の対象となる経費から、長野県助成事業にて交付を受けた額を差し引いた金額の2分の1以内
    2. 金額:1回あたり5万円以内
      (特定不妊治療と不育症治療と合わせて、1年度あたり合計20万円以内)
    3. 回数:長野県制度に規定されている回数

必要な書類

事前協議

  1. 岡谷市特定不妊治療費及び不育症治療助成事業事前協議票
  2. 長野県制度の交付決定通知書のコピー
  3. 長野県制度受診等証明書のコピー
  4. 住民票の写し(世帯全員分)

申請

  1. 岡谷市特定不妊治療費及び不育症治療助成事業 申請書

その他

  • 申請にあたって、必ず事前協議が必要となります。
    事前協議に必要な書類一式を提出いただき、条件に該当した方へ申請に係る書類をお送りします。
  • 年度ごとの申請になりますので、年度内に申請をお願いします。
  • それぞれの制度の【案内】の添付ファイルをご確認の上、不明な点がございましたら、健康推進課(内線1184)までお問合せください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課

〒394-8510
長野県岡谷市幸町8-1
電話:0266-23-4811(内線:1181)