新型コロナウイルス感染症防止対策に伴う岡谷市役所庁舎利用に係る徹底及び規制事項について

更新日:2020年04月23日

本市では、政府が新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を発出したことを受け、新型コロナウイルス感染症岡谷市対策本部を設置し、緊急事態宣言の措置の実効性を高め、爆発的な感染症の拡大を防ぐとともに、市民及び施設利用者の安全安心の確保、安全な職場環境の維持、庁舎他公共施設の適正な管理などの観点から、多方面での対応を進めているところであります。

また、長野県におきましても、9日から22日までの2週間を「感染対策強化期間」と位置づけ、感染症対策を強化しております。

そのような中、市役所庁舎においては日々市民が利用するとともに、多くの職員及び議員が執務する場所であること、また、緊急事態措置実施区域や感染者が確認されている他の地域からの往来や各種営業業務での来庁など、不特定多数の方の利用があることから、人と人の接触の低減や感染症のクラスターの発生抑制を図り、市民、利用者及び職員等の感染を防止することが求められています。

つきましては、市民及び来庁する方々におかれましては、岡谷市役所庁舎の利用に当たり、岡谷市庁舎管理規則(昭和57年岡谷市規則第14号)に基づく管理の徹底と感染症に係る規制として、別紙に掲げる行為についてご留意ください。

なお、支所等出先機関におきましても、この取組に準じ対応いたしますので、お含みおきください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課

〒394-8510
長野県岡谷市幸町8-1
電話:0266-23-4811(内線:1181)