「おかやですすめる食育」情報(2018.7)

更新日:2020年03月27日

「農産物直売所へ行こう!」

 農産物直売所は「おいしく食べたい」と「おいしく食べてもらいたい」がつながる場所。
 つくる人と食べる人の距離が近いのも魅力です。

「地産地消」を知っていますか?

 「地産地消」とは、地域で生産されたものを地域で消費するという意味です。

「地産地消」のよいところ!

  • 新鮮で安心な食材を購入できる
  • 生産者の顔がみえるので、安心できる
  • おいしい食べ方を教えてもらえるなど、生産者との交流ができる
  • “旬”の味を知ることができる
  • 輸送にかかるエネルギーが少なく、環境にやさしい
  • 地域の活性化につながる
畑で実ったピーマンのアップの写真
畑で実ったプチトマトのアップの写真

 新鮮で安全で家計にやさしい!地域の食材をぜひ食卓に活用しましょう。

「食育」としてのメリットも!

 地域の身近な食材を通じて、食材の旬や産地について理解を深められるほか、郷土食や行事食など食文化を見直すきっかけにもなります。
 また、学校の給食でも岡谷市の農産物が使われています。

どこにあるの?岡谷市の農産物直売所

 岡谷市には、小規模なところがほとんどですが、現在6ヶ所の農産物直売所があります。
 毎日、新鮮でおいしい野菜などが種類も豊富にとりそろえられています。
 収穫期ならではのめずらしいものが見つかるかもしれませんよ。

近くの直売所をのぞいていませんか。

 直売所では、“旬の野菜レシピ”も配布しています!
 7月の配布レシピは下記のファイルをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課

〒394-8510
長野県岡谷市幸町8-1
電話:0266-23-4811(内線:1181)