「おかやですすめる食育」情報(2017.5)

更新日:2020年03月27日

「子どもたちと地域の方との畑づくり交流」(長地小学校・つるみね保育園の食育)

新緑の風が気持ちの良い季節となりました。田植えや畑づくりが本格的に始まる頃ですね。
市内では、畑づくり活動を通して、子どもたちと地域の方との交流が行われています。
今月は、農業に豊富な知識を持っている地域の方たちから、子どもたちが作物について学ぶという素敵な取り組みを紹介します。

「おじいちゃん先生と園児の畑づくりの交流」

つるみね保育園では、地域の保育補助員ボランティア「おじいちゃん先生」と一緒に、園児が畑づくり活動を行っています。
今年度も、年長さんがおじいちゃん先生と一緒に野菜の苗を買いに行き、園の畑に植えました。

オレンジのキャップをかぶったおじいちゃん先生のお話を聞き、ピンクや水色のキャプをかぶったつるみね保育園の園児らが畑作りに取り掛かる様子の写真
畑に作られた畝に水をまいて印をつけたところに、並んでしゃがみ苗を入れているピンク色のキャップをかぶったつるみね保育園の園児らの写真

おじいちゃん先生は苗を植えたあとも、何度も園の畑に足を運び作物の成長を見守っています。

「おひさまファームの会と長地小学校生徒の畑づくりの交流」

おひさまファームは、市で取り組んでいるサポートファーム事業の研修卒業生で設立した有志の会です。
社会への貢献をしたいという会員の方の希望により、毎年5月頃、長地小学校2年生のみなさんのじゃがいも・さつまいもの栽培、収穫の体験学習のサポートを行っています。

2016年5月2日、長池小学校にてジャガイモ植え付けをした際の参加者皆さんの集合写真
2016年8月23日、長池小学校農業体験にてジャガイモ収穫をした際の参加者皆さんの集合写真

おひさまファームのみなさんは、植え付けの後も、発芽、開花、害虫予防などの折々に学校のカリキュラムに合わせて農園を見守ってくれています。
会員の方も、児童のみなさんとの交流を楽しんでいます。

身近な存在である地域の方との畑づくり活動を通し、サポートしてくださる方への感謝の気持ち、食べ物を大事にする気持ちが、子どもたちの中に育っていくのではないでしょうか。  

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課

〒394-8510
長野県岡谷市幸町8-1
電話:0266-23-4811(内線:1181)