「おかやですすめる食育」情報(2017.11)

更新日:2020年03月27日

11月のテーマ「よく噛むことを意識しよう!!」

11月8日は「いい歯の日」です。
「いい歯の日」は、「11(いい)8(歯)」の語呂合わせをもとに、日本歯科医師会によって制定されました。
日本歯科医師会と厚生労働省は、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動“8020運動”を推進しています。
「いい歯の日」は、その 「8020運動」推進の一環であり、国民への歯科保健啓発の強化を目的としています。

噛むことの効能 『ひみこの歯がいーぜ』

(ひ)肥満防止
 よく噛んで食べると、脳にある満腹中枢が働いて食べ過ぎを防ぐことができます。
(み)味覚の発達
 よく噛んで味わうことで、食べ物の味がより分かるようになります。
(こ)ことばの発音がはっきりする
 よく噛むと口の周りの筋肉を使うので、表情がより豊かになります。
 口をしっかり開けて話すときれいな発音になります。
(の)脳の発達
 よく噛む運動は脳細胞の働きを活発にします。
(は)歯の病気予防
 よく噛むとだ液がたくさん出るので、虫歯や歯周病を防ぎます。
(が)ガン予防
 だ液中の酵素には、発ガン物質の発ガン作用を消す働きがあります。
(い)胃腸の働きをよくする
 よく噛むことで消化酵素がたくさん出るので、食べ物の消化を助けます。
(ぜ)全力投球
 力を入れて噛みしめたい時、歯を食いしばることで力がわきます。

丈夫で健康な歯を保つには、毎日の歯磨きと定期健診が大切です。定期健診の受診は、日々の生活の中でついつい忘れてしまいがちなもの。毎年ご自身の誕生日の月に定期健診を受診するようにするといいですね♪

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課

〒394-8510
長野県岡谷市幸町8-1
電話:0266-23-4811(内線:1181)