新型コロナウイルス感染症に関する議長メッセージ

更新日:2020年08月12日

   岡谷市議会では、4月以来、議員自らが新型コロナウイルスに感染しないための行動指針を定めて、注意深く行動しております。
   また、議会活動として、「新型コロナウイルス感染症対策の強化を求める意見書」を全会一致で可決しました。内容は新型コロナウイルス感染症から国民・県民を守るための対策や、経済対策、感染者やその家族、関係者、さらには医療従事者への誹謗中傷に対する被害者・加害者にならないための啓発活動まで、多岐に渡る要望をまとめ、国と県に提出したものであります。
   全国的に感染者数が増加する中、8月8日には、岡谷市内においても1名の感染者が確認されました。
   私たち岡谷市民は「3密を避けること」、「身体的距離の確保」、「手洗いの励行」、「マスクの着用」など、自らの感染防止と感染拡大防止のための行動を徹底しましょう。
   残念なことに全国で、感染者やその家族、関係者、医療従事者等への偏見、差別や誹謗中傷が生じている事例があります。
   この感染症は、誰もが感染する可能性がある病気です。国、長野県や岡谷市等が発表する情報に基づき、冷静で相手の気持ちに配慮した行動に心がけましょう。
   岡谷市議会は、全ての差別、誹謗中傷を許しません。私たち議員も差別や誹謗中傷が生じないように、市民の代表として取り組んでまいります。
   そして、岡谷市と連携を図りながら、市民の皆様の生命と生活を守るため、全力で活動してまいります。

令和2年8月12日
岡谷市議会議長 渡 辺 太 郎