ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政 > 行財政 > 行政改革・財政健全化 > 第4次定員適正化計画への取り組み

第4次定員適正化計画への取り組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月30日

岡谷市では、「第4次定員適正化計画」に基づいて、職員配置の適正化に取り組んでいます。
この度、平成21年度の取組状況を公表します。

1 計画の概要 

(1)計画期間

平成21年度から23年度までの3年間

(2)計画の内容

ア 一般会計等(一般会計、特別会計等)の職員数

  • 平成21年度から23年度の間(3年間)に27人を削減
  • 平成18年度から27年度の間(10年間)に100人(20%)を削減

イ 公営企業会計(病院事業・水道事業・下水道事業)の職員数

効率的な経営を行うために業務の見直しを行い、経営上必要な職員数を確保

(3)適正化の手法

  • 組織、機構改革
  • 事務事業の進捗状況に合わせた職員配置、派遣・出向の見直し
  • 既存事業の整理による嘱託・臨時職員化、民間委託の推進
  • 公共施設の運営方法の見直し

 

2 計画の進捗状況

添付ファイルを参照してください。

関連ファイル

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)