ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政 > まちづくり・計画・施策 > その他の計画・施策 > 岡谷市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン及び岡谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定しました。

岡谷市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン及び岡谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月19日

 岡谷市では、まち・ひと・しごと創生法第10条に基づき、平成27年12月25日に「岡谷市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」及び「岡谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定いたしました。

 

 わが国の総人口は、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」によると、平成72(2060)年に約8,700万人まで減少すると見通されており、国全体が人口急減・少子高齢化という深刻な課題に直面しています。

 このため、「まち・ひと・しごと創生法」(平成26年法律第136号)が制定され、国では平成72(2060)年に1億人程度の人口を確保するという「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と、それを実現するための平成27(2015)年度からの5ヵ年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略」をそれぞれ閣議決定しました。

 本市の人口は、昭和55(1980)年の62,210人をピークに減少傾向となり、平成22(2010)年10月に行われた国勢調査では52,841人に、さらに平成27(2015)年10月1日現在では、50,143人となり、人口減少が続いています。

 こうしたなか、本市においても、まち・ひと・しごと創生の実現に向けて効果的な施策を展開する上で重要な基礎となる、「岡谷市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」を策定し、平成72(2060)年の将来展望人口を40,000人台を維持としました。

 これを受け、「岡谷市まち・ひと・しごと創生総合戦略」では、将来展望人口を実現するために、4つの基本戦略とそれぞれの戦略の方向性を明らかにしました。
 この総合戦略に基づき、各種施策をバランスよく展開し、将来にわたって、本市がさらなる発展を続け、市民誰もが安全で安心して、健康で生きがいを持って暮らすことができるまち。このまちに住み、働くことに誇りと自信、愛着を持てるまち。そんな「みんなが元気に輝く たくましいまち岡谷」を実現することで、人口減少や急速に進む少子高齢化に的確に対応し、岡谷市の創生をめざします。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)