ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政 > 市政への参加 > 選挙 > 郵便投票(在宅投票)について

郵便投票(在宅投票)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

郵便投票制度とは?

  身体に重度の障害があり投票所に行けない人のための投票制度です。郵送によって投票ができます。 

郵便による不在者投票(在宅投票)

 身体に重い障害があって投票所に行けない人が、郵送で投票する制度です。
身体障害者手帳や戦傷病者手帳が交付されている人(一定の障害がある人に限られます。)、また介護保険法上の要介護者で、介護保険の被保険者証に要介護状態区分が「要介護5」である者として記載されている方が、郵便等による不在者投票をすることができます。
岡谷市選挙管理委員会に投票用紙など必要書類を請求し、交付された投票用紙に自宅などで記入し、岡谷市選挙管理委員会に郵送します。

郵便による不在者投票ができる人とは?

 岡谷市の選挙人名簿に登録されている人で、障害等級の身体障害者手帳または戦傷病者手帳を交付されている人、若しくは介護保険の被保険者証に要介護状態区分が「要介護5」である人です。

郵便投票における代理記載制度について

 郵便等による不在者投票をすることができる選挙人で、自ら投票の記載をすることができない者として定められた次の(1)または(2)に該当する方は、あらかじめ市区町村の選挙管理委員会の委員長に届け出た者(選挙権を有する者に限る。)に投票に関する記載をさせることができます。
(1)身体障害者福祉法上の身体障害者で、身体障害者手帳に上肢または視覚の障害程度が1級である者である者として記載されている者
(2)戦傷病者特別援護法上の戦傷病者で、戦傷病者手帳に上肢または視覚の程度が特別項症から第2項症までである者として記載されている者

郵便による不在者投票ができる人とは?

身体障害手帳

 1級か2級
  • 両下肢
  • 体幹
  • 移動機能
 1級か3級
  • 心臓機能障害
  • じん臓機能障害
  • 呼吸器機能障害
  • ぼうこうまたは直腸の機能障害
  • 小腸機能障害
1級から3級
  • 免疫の障害
  • 肝臓の障害

戦傷病者手帳

特別項症から第2項症
  • 両下肢
  • 体幹
 特別項症から第3項症
  • 心臓機能障害
  • じん臓機能障害
  • 呼吸器機能障害
  • ぼうこうまたは直腸の機能障害
  • 小腸機能障害
  • 肝臓の障害

※等級については、岡谷市役所福祉環境部社会福祉課へお問合せください。
  電話0266-23-4811(内線1255)

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。