ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

代理投票について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

代理投票(だいりとうひょう)とは?

 選挙人が身体の故障や文盲(もんもう)などのさまざまな事情から投票用紙に自書できない場合、代理人が代筆して投票することができます。

1 代理投票を申請する

 代理投票を希望する場合は、代理投票の申請をします。
これを受けた投票管理者が投票を補助する人を2名指定します。(補助者には選挙事務従事者が選ばれます)
代理投票は不在者投票の場合にも行えます。

2 代理投票する

 選挙人が投票したい候補者や政党を指示します。
補助者のうち1人が選挙人にかわって投票用紙に記載します。もう1人がこれに立ち会います。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。