ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政 > 市政への参加 > 選挙 > これって、選挙違反になるの?

これって、選挙違反になるの?

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

選挙に関する質問応答

質問

     政治家からの寄付を受けてもいいの?

回答

   選挙の有無に関わらず、政治家が選挙区内の人に寄付を行なうことは、特定の場合を除いて一切禁止されています。有権者が求めてもいけません。冠婚葬祭における贈答なども寄付になるので、ぜひ注意してください。
例えば、次のような事は禁止される寄付行為です。

  • 病気見舞
  • 祭りへの寄付や差し入れ
  • 地域の運動会やスポーツ大会への飲食物の差し入れ
  • 秘書等が代理で出席する場合の結婚祝
  • 秘書等が代理で出席する場合の香典
  • 葬式の花輪、供花
  • 落成式・開店祝の花輪
  • 町内会の集会や旅行等の催し物への寸志や飲食物の差し入れ
  • 入学祝、卒業祝
  • お中元、お歳暮
     

質問

   政治活動と選挙運動はどう区別されるの?

回答

   選挙運動は、特定の選挙につき、特定の候補者を当選させるための行為。
政治活動は、政党その他の政治団体がその政策の普及宣伝、党勢拡張、政治啓発などを行なうことであって、特定の候補者の当選を得るための行為ではありません。

 質問

   禁止されている選挙運動とはどんなもの?

回答

   選挙の自由と公正を守るため、公職選挙法は選挙運動のうち様々な行為を禁止していますが、次に掲げる行為は、その代表的なものです。

買収

    選挙違反のうちで、一番悪質な犯罪です。
通常の買収罪は、当選を得る目的でお金や品物を渡したり、食事や酒などを提供することで成立しますが、これらの申し込みや約束をしただけでも成立します。
(選挙運動期間中かどうかは問いません。)
買収罪は、買収をした人だけでなく、買収された人も処罰されます。

戸別訪問

   選挙運動の目的で戸別に有権者の家などを訪問することは、すべての人に禁止されています。
戸別に候補者名や政党名または演説会の開催などを言い歩くことも、戸別訪問に当たるとされています。

飲食物の提供

    選挙運動に関して、飲食物(湯茶・通常用いられる程度の茶菓子を除く。)を提供することはすべての人に禁止されています。
候補者側が有権者に対して提供することはもちろんですが、有権者が候補者激励のため、お酒などを選挙事務所に届けることも禁止されています。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。