ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 市長随想 2014年3月

市長随想 2014年3月

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

「新年度予算」

 毎年この時期には市議会定例会が開会され、新年度の予算案が審議されます。

 新年度予算については、平成26年度を「未来の岡谷に旅立つ年」と位置づけ、第4次岡谷市総合計画に基づいて、創意と工夫により特定財源を最大限に有効活用し、時代の流れに対応するべく、必要な事業の選択と集中を図りながら予算編成を行ってきました。昨年の秋から各課が施策の効果を検証し、財源、時代背景、目標、理想などについて、検討に検討を重ねて練り上げた案を、私や副市長、関係部署が限られた財源の中で調整して、予算議案として市議会に上程させていただきました。
 新年度の予算を「未来に伸びゆく 元気・活力創造予算」と位置づけました。
 将来に向け、健全で安定的な行財政基盤の確立に努めるとともに、時代の流れに対応しながら、市民生活の安全・安心を確保し、未来へ多くの夢と希望を描くことができるまちづくりを進めるための、新年度予算としたものです。
 岡谷市が将来都市像として掲げる「みんなが元気に輝く たくましいまち岡谷」の具現化に向けて、全力で取り組んでまいりますので、ご協力をよろしくお願いします。
 新年度予算につきましては、「広報おかや4月号」にて、概要を説明します。

 岡谷市長  今井 竜五

地図

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。