ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 岡谷市であった出来事 > 岡谷市消防庁舎閉所式が行われました

岡谷市消防庁舎閉所式が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月30日

閉庁式  閉庁式

旧岡谷市消防庁舎が閉庁

諏訪広域連合の消防一元化に伴い新消防庁舎に岡谷消防署が移転したため、
旧岡谷消防署の閉庁式が平成27年4月24日午後に行われました。 

製糸家尾沢福太郎寄付のモダンな建物

岡谷消防署旧庁舎は、昭和11年に建設されたもので当時市役所庁舎として使用されていました。
鉄筋コンクリート2階建で、瓦葺、タイル張りと当時としてはモダンな建物でした。
昭和11年2月に竣工し、名実ともに岡谷市のシンボルとして昭和62年まで市役所庁舎として使用され、
その後、岡谷消防署庁舎として使用され防災の拠点として機能してきました。
現在、国の「登録有形文化財」に指定され、その風格あるたたずまいは今なお市民の愛着が寄せられています。

閉庁式

閉庁式は平成27年4月24日午後に旧消防庁舎で市の関係者、消防団関係者を中心に行われました。
玄関に掲示されていた「岡谷市消防団」「諏訪広域消防岡谷消防署」の二つの看板が取り外され、
消防庁舎としての役目を終えました。
現在は新消防庁舎を防災活動・災害対応拠点として消防業務が行われています。

閉庁式 閉庁式 閉庁式

閉庁式 閉庁式 閉庁式

 

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。