ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 秘書広報課 > 「体力アッププログラム」小学校体育の授業で新たな取り組み始まる

「体力アッププログラム」小学校体育の授業で新たな取り組み始まる

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日

楽しく元気に体を動かそう♪

児童の運動の画像児童の運動の画像 

 岡谷市では、「かがやけおかやキッズ体力アッププログラム事業」として、
市内8小学校の1・2年生を対象に、体育の授業に専門の指導員を派遣する事業を今年度より開始しました。

 これは、全国的に子どもの体力の低下が問題になる中、
岡谷市でも第4次岡谷市総合計画後期基本計画の中で「子どものスポーツ機会の充実」を謳っていることから、
遊びを通じたコーディネーショントレーニングや体感を鍛えるコアコンディショニングを体育の授業に取り入れ、
スポーツを楽しむ中で運動能力の向上を目指す今年度から新たに始まった事業。
5月29日(木曜日)には田中小学校で授業が行われ、
株式会社やまびこスケートの森からトレーナーである山田みずほさんが訪れ、児童たちと楽しく体を動かしました。
この日行われたのは、音楽に合わせて楽しく体を動かす「おかやっ子一番体操」、
おなかまわりを鍛える「動物歩き」など。
授業を受けた田中小2学年の児童は、音楽に合わせて元気よく体を動かし、運動を楽しんでいました。
今回田中小での授業を行った山田みずほ指導員は、
「普通のトレーニングと違い、楽しみながら動いて自然に体力がつく内容にしています。
 みんなで楽しく遊んで体を動かすことが楽しいと感じ、大きくなっても運動を続けてほしい。」
と今日の授業に関して話していました。
「かがやけおかやキッズ体力アッププログラム」は、市内8小学校で2人の指導員さんによる授業が順次行われます。

児童の運動の画像

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。