ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政 > 広報 > 岡谷市であった出来事 > 平成18年7月豪雨災害10年伝承事業シンポジウムが開催されました。

平成18年7月豪雨災害10年伝承事業シンポジウムが開催されました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月12日

 伝承1  伝承2

平成18年7月豪雨災害10年伝承事業 シンポジウムを開催しました。

平成18年7月に発生した豪雨災害は、一瞬にして8人の尊い市民の命を奪い、建物の損壊、浸水など、岡谷市にとって
過去に経験したことのない未曾有の災害となりました。この災害による経験を風化させず、記憶と教訓を後世に伝える
ため、7月9日(土)カノラホール大ホールにて諏訪6市町村と諏訪広域連合主催のシンポジウムを開催しました。

シンポジウムの第1部では、災害時の記録や災害後に整備された砂防えん堤などの様子を映像で振り返り、続く
第2部では地域防災減災センター長の菊池聡教授を招いて「明日の安全を確かなものにするために」と題した講演会
を行いました。
第3部では、地域の役員、消防団、医師、行政など、当時の災害を経験された様々な立場の方々を迎え、パネルディス
カッションを行い、当時の状況や反省点などについて意見を交わしました。コーディネーターを務めた菊池聡教授は、
出された意見を元に「自分の身を守ることの大切さ」や「各団体間の連携の重要性」などについて議論を深めました。

会場に集まった、一般市民や各市町村消防団など約800人は、当時の災害の経験談や専門家の講演などを通して災害
に対する心構えについて認識を新たにしていました。

閉会に際し、今井竜五岡谷市長は「地域住民、地域の組織、団体、行政が顔の見える関係作りを大切にし、災害に強い
まちづくりにつなげたい」と改めて災害に対する決意を述べました。

sicyo kankyaku

kouen paneru

 
 

 

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。