ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 住まい・交通 > 上水道 > 水道メーターの交換、検針について

水道メーターの交換、検針について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

水道メーター交換、検針にご協力ください

水道メーターは、正確な使用水量を計測し、みなさまから料金をいただくという大切な役割をしています。
そのため、計量法により有効期限が8年と定められています。岡谷市でも有効期限前に水道メーターの交換をしています。

 

メーターの説明
 メーターの説明

水道メーターの取替えについて

岡谷市では、主に6月から11月にかけて、その年に期限切れとなる水道メーターの交換を行います。
対象となるご家庭には、市が委託しております岡谷市水道事業協同組合(指定工事業者)より事前にお知らせをし、交換をします。ご理解ご協力をお願いします。

メーター交換の際には一声かけておりますが、ご不在の場合でも敷地内に入らせていただき、交換をさせていただきます。
交換したご家庭には「水道メーター交換のお知らせ」を郵便受等に投函します。メーター交換後、一時的に空気やにごり水等が出ることがありますので、使い始めの際には水をかけ流してからご使用ください。

なお、この水道メーターの交換について、お客様のお手続きや手数料は必要ありません。

検針について

水道課では、2か月に一度、水道メーターの検針を行っています。検針をすることで、料金を決めることができるだけではなく、気づかない漏水等を発見することもできます。

正確で効率よい検針のために

  • 水道メーターボックスの上には、物を置かないでください。
  • 犬は、出入口や水道メータボックスから離れた場所につないでください。
  • 水道メーターボックスの上の雪は取り除いていただくようお願いします。 (やむを得ず検針ができない場合は、過去の使用実績に基づき水量を認定します。あらかじめご承知おきください。)
  • 家の増改築のとき、水道メーターボックスが床下や屋内にならないようにしてください。(増改築等により、水道メーターボックスが隠れたり、深くなる場合は、指定工事事業者に依頼して位置の変更をお願いします。その際の費用は、お客様ご負担となります。)

使用量が多いときは

 いつもより水量が多いと感じたときは、ご家庭の全ての蛇口を閉めて、メーターを確認してください。メーターの真ん中より左下にパイロットと呼ばれるものが付いています。パイロットが回っていたら漏水の可能性があります。(メーターの説明の写真を参考にご覧ください。)
 漏水の調査や修理は、岡谷市指定工事業者にご連絡ください。その際の調査、修理費用は、お客様負担となります。
漏水の箇所や状況により、水量料金を減免できる場合があります。修理を依頼した工事業者にご相談ください。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。