ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政 > まちづくり・計画・施策 > 都市計画 > 老朽危険建物の適正管理についてのお願い

老朽危険建物の適正管理についてのお願い

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

老朽化した建物を維持管理しましょう

 近年、使用されていない建物が長く放置され、老朽化した建物により、周辺環境を悪化させている状況が見られます。
 建築基準法では、『建築の所有者、管理者等は、常時適正な状態に維持するよう努めなければならない。』とされています。
 建物を適正に管理しましょう。

 管理がされていない放置家屋は、以下の問題が生じます。

  • 強風による屋根材等の飛散
  • 老朽化による瓦、外壁材の落下
  • 侵入者による火災や犯罪の誘発
  • 景観の悪化
  • ごみの不法投棄
  • 樹枝の越境、雑草の繁茂

 屋根材の飛散や外壁材等の落下により、歩行者などの他人に被害を与えた場合は、所有者、管理者等の責任となりま す。このようなことにならないよう、建物を適正に維持管理するか、管理ができない場合は解体するなどの措置をお願いします。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。