ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ライフステージ > 就職・退職 > 若者の就活や自立を考える  第12回

若者の就活や自立を考える  第12回

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

卒業する学生に向けて

白石真樹氏の写真

 学校を卒業したけれど、なかなか就職できない…一度仕事を辞めてしまったら再就職が難しい…仕事を続けることが大変…そもそも働く意欲がない…そんな方やそのご家族に伝えたいことをテーマに書いていきます。今回は「3月に卒業する学生の皆さんにむけて」です。

3月も終わりに近づき、暖かい日が続いています。4月から就職する皆さんはそろそろ新入社員研修が始まったりしている頃かと思います。
学生気分が抜けないまま就職すると、「自分では挨拶しているつもりなのに、態度が悪いと怒られた」、「一生懸命やっているつもりなのに、仕事が遅いと責められた」など、社会の厳しさを知って落ち込んでしまったり、仕事が嫌になってしまったりします。その時、冷静に今後のことが考えられるかどうかで、人生は大きく変わっていきます。
 理由はどうであれ、入社数ヶ月で退社してしまった場合、再就職はかなり困難になります。仕事に行き詰まったとき、相談できる場所を知っていれば、今の仕事を続けるにしろ、転職するにしろ、計画的に進めていくことができますが、一人で悩んでしまうと良い選択肢は見つかりにくいものです。

 ハローワーク、ジョブカフェ信州、若者サポートステーションといった支援機関は仕事を探すお手伝いだけでなく、仕事を続けるお手伝いもしてくれます。仕事のことで悩んだら、ぜひ相談に行ってみてください。

 また、就職が決まらないまま卒業を迎えた方もいると思います。引越しなどで忙しいと思いますが、一日も早く、最寄りのハローワークに求職登録をし、「新卒応援窓口」で支援を受けてください。

 新卒応援ハローワーク、新卒応援窓口について詳しくは下記のページをご覧ください。

 ご両親の保護や大学から手厚い就職の支援を受けてきた学生さんにとって、一般の方と混じって求職活動をすることは、より力がいることかもしれません。しかし、自分のことは自分で責任を持つ年齢です。他人任せにせず、自分で決め、自分の足を使って動いていくように心がけていきましょう。

                        白石真樹

筆者プロフィール
白石真樹 氏
若年者地域連携事業推進センター所属
CDAキャリアカウンセラー、産業カウンセラー、ジョブカフェ信州地域キャリアコンサルタントとして県内各地で幅広く活躍。
学校や就労支援機関での就職支援、企業での職場定着アドバイスを行なう。

ご案内

対象若者のための夜間相談会・・・対象年齢は44歳まで
若者のための夜間相談会 申し込み先若年者地域連携事業推進センター 0263-27-5010

地図

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)