ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ライフステージ > 就職・退職 > 勤労青少年ホームの愛称が決まりました

勤労青少年ホームの愛称が決まりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

わーくピア岡谷  といいます。よろしくお願いします

勤労青少年ホームの外観
勤労青少年ホームの外観

 勤労青少年ホームと勤労会館では、皆さんから親しまれるような“愛称”を募集したところ、全国から92点の応募がありました。
 平成24年3月6日に岡谷市長と勤労青少年ホーム館長による選考会を実施し、応募作品を参考にしながら検討し「わーくピア岡谷(おかや)」と名づけました。

勤労会館の外観
勤労会館の外観

 92点の応募のなかには、市内、市外の一般の方々の作品に加え、隣接する小学校の児童の皆さんからの作品も多く含まれており、様々な年代の方に親しまれる存在として、今後も地域と一体となって「わーくピア岡谷」を盛り上げてまいりたいと考えております。

【わーくピア岡谷について】
わーく・・・“勤労者をメインにした施設”をイメージできる
ピア・・・・仲間
岡谷・・・・全国に岡谷の名前を発信したいので“岡谷”を入れました。

 勤労青少年ホーム、勤労会館は、名前のとおり、働く人のための施設として誕生しました。現在は、指定管理者である財団法人諏訪湖勤労者福祉サービスセンターに経営をお願いし、積極的に活動を展開、多くの方に利用されております。

 勤労者の施設ということもあって、夜間の利用が活発ですが、昼間は比較的、予約に余裕があります。空いている時は、勤労者だけによらず、公民館としての一般利用も可能ですので、他の公共施設で場所が取れないときなどはご相談ください。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。