ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 仕事・産業 > 産業振興 > 医師就業支援・就学支援 > 県外から転入し、救急告示病院に勤務する医師への助成金

県外から転入し、救急告示病院に勤務する医師への助成金

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月8日

岡谷市医師確保就業支援助成金条例を制定

 岡谷市では、平成23年4月1日に岡谷市医師確保就業支援助成金条例を制定しました。 
 岡谷市内の救急告示病院の指定診療科の医師として、新たに県外から転入し業務に従事する者に対して、就業を支援するため助成金を支給します。
 支給決定後、市長が指定する医療機関・指定診療科で一定期間勤務することで、助成金の返還を免除します。

支給対象者

県外から転入し、救急告示病院の指定診療科の医師として新たに従事する者

支給対象医療機関

及び指定診療科

岡谷市民病院

全診療科

諏訪湖畔病院

脳神経外科

今井整形外科

整形外科

支給の額

  • 3年以上勤務しようとする医師に、300万円
  • 2年以上勤務しようとする医師に、200万円

返還の免除

  • 3年以上
  • 2年以上 経過したとき助成金の返還を免除します。

申込方法

あらかじめ下記の申込先にご相談ください。

申込先

〒394-8510
長野県岡谷市幸町8番1号
岡谷市役所健康福祉部 健康推進課 保健予防担当
Tel:0266-23-4811(内)1177

ご案内

お問合せ先岡谷市健康福祉部健康推進課
[メールアドレス]kenkou@city.okaya.lg.jp

関連ファイル

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。