ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 18「おかやですすめる食育」情報

18「おかやですすめる食育」情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月19日

「食育」とは

食育とは、様々な経験を通して、食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人を育てることです。

毎月19日は「食育の日」

毎月19日は「食育の日」です。
日頃の食生活を振り返り、食べることの大切さを意識して、家族みんなで食卓を囲み、主食・主菜・副菜の整ったバランスの良い食事を心がけましょう。

おかやですすめる食育

岡谷市では、市民一人ひとりが自らの健康に関心を持ち、食を選択する力を身につけることで、生涯にわたって健康でいきいきとした生活を実現できるよう「食育」を推進しています。

食育目標 「健やかに楽しく食べて、食の大切さを育もう」

おかやの食育の大きな目標は”健やかに楽しく食べて、食の大切さを育もう”です。
この目標の達成に向けて”おかや”をキーワードに3つの食育目標を掲げ、推進しています。

お・・・おいしく食べて食を楽しみ、豊かな心を育もう
か・・・かしこく食べて、健康なからだをつくろう
や・・・やすらぎある郷土に親しみ、地域の食材や食文化を理解して伝えていこう

★毎月19日は「食育の日」に合わせ、身近な食の情報を分かりやすくお伝えします。

9月のテーマ「ぼくもわたしもおかやっ子事業 うなぎ体験」「健康増進普及運動月間」 

「ぼくもわたしもおかやっ子事業 うなぎ体験」

市内の保育園では、「おかやの味」を園児が市内の業者、生産者の方と関わりながら学び、もっとおかやをすきになろう!!という取り組みとして、「ぼくもわたしもおかやっ子事業」を実施しています。
ぼくもわたしもおかやっ子事業 うなぎ体験は、今年度、市内の保育園(西堀、横川、神明、若草、小口、長地、ひまわり)7園で実施します。
9月上旬、西堀保育園には、「うなぎのまち岡谷の会」より清水屋川魚店、観光荘の方が来園しました。
子ども達は、うなぎのまち岡谷の会の方よりうなぎの生態について教えてもらいながら、うなぎを触ったり、うなぎの骨を試食したり、うなぎの蒲焼を炭火で焼く様子も見せてもらうなど、五感を使った食育体験を楽しみました。
お昼には、目の前で焼いてもらったうなぎの蒲焼を味わい、郷土の味をしっかりと感じた子ども達でした。
「ぼくもわたしもおかやっ子事業 うなぎ体験」では、清水屋川魚店や観光荘の他、うなぎの館天龍、濱丑川魚店、御うな小松屋のご協力をいただいています。
「岡谷」といえば「うなぎのまち」。これだけたくさんのうなぎ業者の方のご協力がいただけるのも岡谷の良いところですね。今回の体験を通して、「おかや」が前よりもっと好きになった子どもも多いのではないでしょうか。
うなぎとのふれあい うなぎのかば焼き1 すわこ太郎 うなぎ給食

9月は「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動期間」です

厚生労働省では毎年、9月1日から9月30日までの1か月を」「健康増進普及月間」「食生活改善普及運動期間」としています。
http://www.city.okaya.lg.jp/soshiki/20/18151.html


「スマートライフプロジェクト」とは・・・
「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで健康で楽しい毎日が送れることを目標とした厚生労働省の国民運動です。「運動」、「食生活」、「禁煙」の3分野を中心に、具体的なアクションの呼びかけを行っています。2014度より、これらのアクションの他、健診・検診の受診を新たなテーマに加え、更なる健康寿命の延伸を、プロジェクトに参画する企業・団体・自治体と協力・連携しながら推進しています。

≪3つのアクション+健診・検診≫
◆適度な運動
◆適切な食生活 +    健診・健診の受診
◆禁煙           「定期的に自分を知る」

◎スマートライフプロジェクトについてはこちらhttp://www.smartlife.go.jp/about/slp/

健康増進普及月間の食育展示

9月1日から9月30日まで、健康増進普及月間に合わせた展示を市役所1階ロビーで行っています。ぜひご覧ください。

健康増進普及月間
 

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)