ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

岡谷ブランドブックについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

 このことについて、「岡谷」をブランド化するための事業として、平成23年度に市内外のステークホルダー計12名でブランド戦略検討委員会を組織し、岡谷市を来たい街・住み続けたい街に育てるため、地域資産の棚卸しをしながら、全10回にわたってブランドコンセプトやアクションプランについて議論を重ね、ブランドブックを作成しました。

 全国の地方都市は、少子高齢化、人口減少、景気低迷などの影響により、大変厳しい状況におかれています。こうした状況から脱するため、民間が主体となり、地域の魅力を高め、外から多くの人々を呼び込み地域経済の活性化を図る、いわゆる「地域のブランド化」が有効な方策のひとつとして考えられています。
 岡谷市においても、こうした取組みを推進し地域の活性化を図るため、民間を主体とした組織「岡谷市ブランド戦略検討委員会」を設置し、この委員会において、「地域のブランド化」に向けたブランドコンセプトやアクションプランなどを検討し、ブランドブックとしてまとめてきました。
 このブランドブックを活用し、民を中心とした取り組みを行政がバックアップする官民一体となった体制を整え、長期にわたってブランドコンセプトに沿った取り組みが、活発に行われていくことを期待します。
 こうした取り組みにより、地域外の人には岡谷への来訪・購買・移住意欲の促進、岡谷市民にとっては、愛着と誇りを持ち、住み続けたいと思うような街になることを願っています。

岡谷市ブランド戦略検討委員会 事務局 ブランド推進室

関連ファイル

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)