ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉・衛生 > 高齢者福祉 > いつまでも自分らしく!介護予防事業

いつまでも自分らしく!介護予防事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月2日
椅子を使って、無理なく安全に運動します。(湯けむり教室)
椅子を使って、無理なく安全に運動します。(湯けむり教室)
水中運動は膝や腰への負担を軽くしてくれます。(ハイツ教室)
水中運動は膝や腰への負担を軽くしてくれます。(ハイツ教室)

 いつまでも自分の趣味を続けたい、寝たきりにならず、いつまでも自分らしく元気に暮らしたいと思いませんか?そのために行うのが介護予防です。

 岡谷市ではいくつかの介護予防事業を実施しています。介護予防事業は、みなさんからお支払いいただいている介護保険料で支えられており、介護保険制度のメンバーとして支えている元気なみなさんが、いきいきした生活を続けるために利用できる制度です。みなさんのお好みに合う事業をぜひご利用ください。

なぜ、「介護予防」が必要なのか!

 「年をとったら、身体の機能が低下するのは仕方がないこと」とみなさん考えていませんか。「もう年だから」「おっくうだから」とズクをなくすことが、寝たきりになるひとつの要因です。
 ズクをなくす→体を動かさない→体力が低下する→動けなくなる→意欲も低下する…という悪循環が生じます。それが、生活不活発病です。高齢になるほど、転倒による骨折や関節疾患、高齢による衰弱などの生活不活発病が原因で要介護状態になる方が増えています。しかし、心身の老化を防ぐことは可能です。元気なうちから介護予防に取り組みましょう。

介護予防事業はどうやって利用できるの?

 介護予防事業には種類があり、みなさんの心身機能に合った事業を利用していただくため、下図のようにいくつかの確認をさせていただきます。その後、結果に応じた教室のご案内をさせていただきます。

岡谷市の介護保険事業への参加までの流れを示す図です。

以下の教室はどなたでもご参加できます。

  • 生きがいデイサービス
    要介護認定を受けずに生活している高齢者に対して、閉じこもりを予防し、生きがいづくりを支援するため、地区の公会所などで定期的に行っています。
  • 出張!はつらつ教室
    地域住民の希望により、地区の公会所などで専門家による教室を開催します。
  • ねこまぬ大使養成教室
    介護予防の知識を普及・啓発する地域のリーダーを養成します。

6okfile1data介護福祉課 介護予防⑩介護予防事業地域型予防事業わくわく健康づくり実践塾(リーダー養成)H26カメラ画像IMG_2944.JPG

 (ねこまぬ大使養成教室)    

\66okfile1data介護福祉課 介護予防⑩介護予防事業地域型予防事業わくわく健康づくり実践塾(リーダー養成)H26カメラ画像IMG_2938.JPG
     

関連ファイル

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。