ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ライフステージ > 引越し・住まい > 住民基本台帳カードをお持ちの方の転出・転入

住民基本台帳カードをお持ちの方の転出・転入

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

住民基本台帳カードをお持ちの方の転出・転入

特例による転出・転入(住民基本台帳カード用いた転出・転入)

 転出される方のうち一名以上が住民基本台帳カードをお持ちの場合には書類の転出証明書を発行せず、コンピューターシステムで処理を行う「特例による転出」が原則になりますが、次の注意点があります。

  • 転入の届出の際、住民基本台帳カードとカードのパスワードが必要となります。(住民基本台帳カードとカードのパスワードを忘れると手続きできません。)
  • 転入の届出できる窓口に制限があります。(本庁はできるが、支所はできないなど、詳しくは転入する先の役所にお尋ねください)
  • 岡谷市では「特例による転入」の手続ができるのは、本庁だけです。
  • 転入先(予定)の市区町村が変更になった場合は、転出手続きのやり直しが必要になります。

住民基本台帳カードをお持ちで転出される方へ

 転入先の市区町村に住民基本台帳カードを提出して手続きすることにより、継続利用できます。(手続きの際、住民基本台帳カードのパスワードを使用しますので、分かるようにしてお出かけください。)
ただし、転出(予定)日から30日経過しても転入の手続きをしないと無効となります。また転入手続きをしたものの、それから90日経過しても住民基本台帳カードの継続利用手続きを行わないと無効となります。(受付窓口等くわしくは転入される市区町村にお尋ねください)

住民基本台帳カードをお持ちで転入された方へ

 転入前の市区町村で発行された住民基本台帳カードを提出して手続きすることにより、継続利用できます。(手続きの際、住民基本台帳カードのパスワードを使用しますので、分かるようにしてお出かけください。)
ただし転入手続きをしたものの、それから90日経過しても住民基本台帳カードの継続利用手続きを行わないと無効となります。
岡谷市の場合、手続できるのは本庁だけです。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。