ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民環境課 > マイナンバーカード(個人番号カード)の本人確認としての取扱いについて

マイナンバーカード(個人番号カード)の本人確認としての取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月27日

bマイナンバーカード(個人番号カード)は、基本4情報(氏名、生年月日、住所、性別)が記載された公的な身分証明書として、一般的な本人確認の手続においても利用が可能です。

また、紛失されますとマイナンバーカードの再交付手数料(1,000円)+マイナンバーの再付番(500円)が掛かり、警察への連絡も必要となりますので、紛失を防止するには常にマイナンバーカードを携帯していただくことが最も有効です。携帯を心掛けていただくとともに、次に掲げる点に注意し、本人確認書類としても積極的に活用してください。(※マイナンバーカードは、本人申請に限りますが「印鑑登録証明書」の取得にもご利用いただけます。【岡谷市のみのサービス】)マイナンバーカードによる印鑑登録証明書の取得チラシ [PDFファイル/92KB]

 

【注意点】

本人確認書類としてマイナンバーカードを利用する場合には、マイナンバーカードの表面に記載されている基本4情報及び顔写真についてはコピーを取ることは可能ですが、裏面に記載されている個人番号については、個人番号を利用することが法律上認められた手続に用いる場合を除き、コピーを取ることはできません。そのため、一般的な本人確認手続にマイナンバーカードを利用する場合には、付属するカードケースに入れたままで利用するようにしてください。

マイナンバーカードの身分証明書としての取扱いについて [PDFファイル/1月18日MB]

  •  

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)