ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民環境課 > マイナンバー『通知カード』について

マイナンバー『通知カード』について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日

マイナンバー『通知カード』の本人確認書類としての取扱いについて

マイナンバー『通知カード』は公的な身分証明書としては扱えません。
※先日、『通知カード』を一般的な本人確認の手続きで使用していたという事例があり、注意喚起を促すよう国から報告を受けました。次に掲げる危険性があるため、ご注意ください。

(1)従業員が誤って個人番号の写しをとる。(※マイナンバー法に基づく事務手続きや勤務先が確定申告に使用する場合はこの限りではありません。)
(2)個人番号が防犯カメラに映り込む可能性がある。

今後、個人番号の提示を求められるケースが増えていくことが予想されます。
 個人番号の提示を求められた場合、個人番号の確認は【個人番号カード】若しくは『通知カード』において行いますが、『通知カード』の場合は通知カード以外に、通知カードの記載事項がその者に係るものであることを証する書類(本人確認書類=顔写真付きの公的身分証明書※運転免許証、パスポートなど)も併せて提示しなければなりません。

【個人番号カード】は公的な身分証明書であり、特殊な加工がされているため上記のような心配はありません。このような理由からも【個人番号カード】の申請をお勧めいたします。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。