ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務課 > 改元に伴う公文書の取扱いについて

改元に伴う公文書の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月15日

改元に伴う公文書の取扱いについて

 本市税務課から発送する文書等に記載の日付表示について、従来から原則として元号を使用しています。新天皇の即位に伴い、「元号を定める政令」の施行により、5月1日から新元号となる予定です。2019年5月1日以降に本市から発送する文書については、原則として新元号を使用することとします。

 ただし、4月末日までに発送した文書(納税通知書の納期限等)で、将来の年度及び日付を表す場合のように、「平成」で表記しているものもあります。「平成」で表記した年度及び日付について、法律上の効果は何ら変わることはありませんので、新元号の対応する年に読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

4月30日までの文書等

 「平成」と表記し、5月1日以降の日付については、新元号で読み替えていただく。

5月1日以降の文書等

 原則として新元号での表記とする。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。