ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

税の口座振替Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

税の口座振替についてよくあるご質問をまとめました

Q.どこの金融機関を利用できますか?

A.指定金融機関(三井住友銀行、八十二銀行、長野銀行、諏訪信用金庫、長野県信用組合、長野県労働金庫、信州諏訪農業協同組合、ゆうちょ銀行)の窓口で取り扱っています。ゆうちょ銀行(郵便局)の場合、納付書でお納めいただくのは、長野・新潟2県に限られますが、口座振替(自動払込み)は全国の口座がご利用いただけます。それ以外の金融機関でのお申し込みはご利用いただけません。 

Q.口座振替の申込用紙(市税口座振替依頼書)はどこに置いてありますか?

A.「市税口座振替依頼書」は、岡谷市役所、湊・川岸・長地支所、岡谷駅前出張所、岡谷市内の指定金融機関の窓口に設置していますので、「納税通知書・預貯金通帳・通帳届出印鑑」をお持ちいただくとその場でお申し込みいただけます。お申し込みは同じ金融機関であれば口座のある店舗以外の店舗でもお手続き可能です。

 Q.市県民税と固定資産税の両方を口座振替にしたいのですが?

A.納税義務者が同じ場合は、複数税目を1枚の市税口座振替依頼書に記入していただくことでお申し込みが可能です。ただし、同じ納税義務者が同じ税目で複数の納税者コードで課税されている場合は、納税者コードごとに市税口座振替依頼書を作成していただく必要があります。 

Q.振替口座を現在利用している口座から別の口座に変更したいのですが?

A.変更後の口座のある金融機関で新規申込と同様にお手続きください。現在ご利用中の口座のある金融機関への口座振替の取消手続きは不要です。市役所での処理が完了しますと、以前の口座振替は自動的に取消となりますので、二重に引落しをすることはありません。

Q.忙しくて金融機関の窓口に申し込みにいく時間がないのですが…?

A.「岡谷市市税口座振替依頼書」を市役所まで郵送することでお申し込みいただくことができます。詳しくは市役所税務課までお問合せください。

Q.10月15日に銀行で申込手続きをしましたが、10月末の振替に間に合いますか?

A.お手続きいただいた市税口座振替依頼書が、金融機関を経由して市役所に振替日の前月末日までに到着したものが、当月の振替の対象となります。10月末日振替の場合、9月末日までに市役所に到着している必要がありますので、次回納付分からの取扱い開始となります。

Q.口座振替の開始時期はいつから?

A.市役所での処理が完了したものについては、毎月上旬(10日まで)に口座振替の開始時期をお知らせする通知を市役所から送付しています。納期月の中頃までに通知が到着しない場合は、手続きが間に合っていない可能性がありますので、納付書でお納めいただく必要があります。また、開始時期をお知らせする通知を送付したものについては、通知を発送した月の月末の納期分から振替の準備をいたします。通知が到着した後に納付書でお納めいただくと二重納付になる可能性がありますのでご注意ください。

Q. 振替日の残高が不足していました。翌日に入金したので再振替をしてほしいのですが?

A.預貯金残高不足等の理由により振替できなかった場合、15日に再振替いたしますので、預貯金残高のご確認をお願いします。

Q. 領収書は発行されないの?

A.口座振替分については、領収書や振替済通知書は発行されません。振替済額の確認は預貯金通帳への記帳によりお願いします。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。