ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 税金 > 個人市・県民税 > 平成31年度市県民税及び平成30年分所得税の申告相談日程

平成31年度市県民税及び平成30年分所得税の申告相談日程

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月1日

所得税・市県民税の申告相談が始まります

○確定申告が始まる前に!
市県民税(住民税)限定の申告相談期間を設けます。
例年、所得税の申告相談期間中に市県民税の申告相談も実施するとともに、申告期間中の混雑緩和のため、市県民税の申告に限定した相談日を2日間設けております。ぜひこちらにもお越しください。

○市県民税のみの申告相談日程

期日時間会場
市・県民税申告相談日
2月14日(木曜日)

午前8時30分から午後4時 (受付 午後3時半まで)

市役所9階大会議室
2月15日(金曜日)

 

○市県民税及び所得税の申告相談日程

期日時間会場地区割り(目安)
確定申告相談日程
2月18日(月曜日)

午前8時30分から午後4時
(受付 午後3時半まで)

市役所9階大会議室

地区割日に申告できない方
(市内全域)

2月19日(火曜日)
2月20日(水曜日)
2月21日(木曜日)

午前9時から午後4時
(受付 午後3時半まで)

川岸支所三沢区・橋原区
2月22日(金曜日)新倉区・駒沢区・鮎沢区
2月25日(月曜日)長地支所西堀区・東堀区
2月26日(火曜日)
2月27日(水曜日)中屋区・中村区・横川区
2月28日(木曜日)湊支所小坂区・花岡区
3月 1日(金曜日)

午前8時30分から午後4時
(受付 午後3時半まで)

市役所9階大会議室地区割日に申告できない方
(市内全域)
3月 4日(月曜日)
3月 5日(火曜日)今井区
3月 6日(水曜日)小井川区
3月 7日(木曜日)岡谷区・新屋敷区
3月 8日(金曜日)下浜区・小尾口区・上浜区
3月11日(月曜日)小口区・西堀区
3月12日(火曜日)間下区
3月13日(水曜日)

地区割日に申告できなかった方
(市内全域)

3月14日(木曜日)
3月15日(金曜日)

※地区割は目安です。別の日、別会場でも相談できます。

■市役所庁舎の管理上、朝7時30分前の入庁はできません。
■3月5日(火曜日)、3月13日(水曜日)については午後5時から午後7時まで夜間申告相談を開催いたします。
   受付は午後6時半までに済まされますようお願いします。
■申告相談期間中は、相談会場へ資料や機器を持ち出すため、税務課窓口での相談はできませんのでご了承ください。
■正午から午後1時までは、受付を制限します。
■例年2月上旬に開催されておりました税理士会による所得税の無料還付申告相談は、市役所9階大会議室で同時開催となりました。
   時間は午前10時から正午・午後1時から3時までです。

申告に必要なもの

■印鑑
■下記のどちらかの書類
・個人番号(マイナンバー)カード
・番号確認書類(通知カード等)+身元確認書類(運転免許証等)
※確定申告書及び住民税申告書の提出の際には申告者本人・控除対象配偶者・控除対象扶養親族などの個人番号の記載が必要です。
   なお、個人番号の記載がない申告書は、後日税務署から連絡がある場合があります。
■所得(収入)を証明する書類
 1 平成30年中の所得が明らかになる資料(給与、公的年金等の源泉徴収票、報酬、一時所得、配当などの支払調書など)
 2 営業等、農業、不動産所得のある方は収支内訳書(事前に収入、支出を計算してきてください。)
■控除を証明する書類(平成30年中に支払った保険料等がわかる資料)
 1 国民年金保険料、生命保険料、地震保険料は支払証明書
 2 医療費控除を受ける場合は記入済みの医療費控除の明細書、医療保険者からの医療費通知(医療費のお知らせなど)
   人ごと、医療機関ごとに集計し、明細書を作成していないと相談を受けられない場合があります。
   セルフメディケーション税制の場合は、記入済みのセルフメディケーション税制の明細書および一定の取り組みを行ったことがわかる書類をお持ちください。
 3 健康保険料、介護保険料は支払った金額がわかるもの
■還付となる場合は、還付口座がわかるもの
 

市県民税の申告が必要な方

■市県民税は、すべての所得の申告が必要です。
■公的年金等の収入が400万円以下で、公的年金等に係る所得以外の所得が20万円以下の方は、所得税の確定申告が不要となりましたが、公的年金に係る所得以外の所得がある場合や生命保険料控除、地震保険料控除、医療費控除や源泉徴収票に載っていない扶養控除などを受ける場合は、市県民税の申告が必要です。
  ただし、所得税が還付される場合には所得税の確定申告が必要です。ご不明な点がありましたら、お問い合わせください。
■国民健康保険、後期高齢者医療保険加入者は申告により国保税、後期高齢者医療保険料が軽減される場合があります。
  家族の扶養親族となっている方以外は、収入が無い場合も収入が無い旨の申告をお願いします。

次の申告のご相談は諏訪税務署で(市の申告相談会場ではお受けできません)

■外国人の申告
■土地や建物、株式、ゴルフ会員権など資産の売却や交換
■損失、繰越損失
■住宅借入金等特別控除の初年度の申告
■青色申告
■消費税、贈与税の申告
■投資信託・外国株式等の申告
■災害等の雑損控除の申告
■準確定申告(死亡した方の申告)

申告をしなくてもよい方

■平成30年中の収入が無い、または非課税収入(遺族、障害年金、失業給付金、児童扶養手当など)のみで、家族の年末調整、確定申告等で扶養親族となる方
■1ヶ所からの給与所得のみで、年末調整済みの方
■400万円以下の公的年金収入のみで、各種控除を受けない方

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。