ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > イベント・文化・スポーツ > 文化 > 生涯学習 > 岡谷市教育委員会 > 写真家 吉村和敏の世界 カナダという魅力ある国 -赤毛のアンの見た光景-
トップページ > 分類でさがす > イベント・文化・スポーツ > 文化 > 公民館 > 岡谷市教育委員会 > 写真家 吉村和敏の世界 カナダという魅力ある国 -赤毛のアンの見た光景-

防犯情報

子ども総合相談センター

小中学校紹介

学校統合推進委員会

あいさつ
教育委員会紹介
各種計画等
施策・評価
学校教育情報
生涯学習・スポーツ情報
手続き
教育施設
教育委員会組織

写真家 吉村和敏の世界 カナダという魅力ある国 -赤毛のアンの見た光景-

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月15日

写真家 吉村和敏の世界 カナダという魅力ある国  -赤毛のアンの見た光景- 講演会

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会開催に向けて、参加国と地域との文化的な相互交流などを図る地方公共団体を「ホストタウン」といい、岡谷市もカナダのホストタウンとして登録しました。
そこで、カナダはどんな国か知ってもらうために、世界中を回る旅を続けながら、意欲的な撮影活動を行っている、松本出身の写真家「吉村和敏」氏によるカナダ講演会を開催します。

日時

2019年4月20日 土曜日 午後1時30分から

場所

イルフプラザ3階 生涯学習館 第1・2多目的ホール

定員

120名(先着順)

参加料無料

写真家 吉村和敏 プロフィール

1967 年、長野県松本市で生まれる。
2000 年のデビュー作『プリンス・エドワード島』(講談社)で注目を集める。アトランティック・カナダの魅力を紹介した『光ふる郷』(幻冬)、世界一美しいといわれるケベック州の紅葉を追いかけた『ローレンシャンの秋』(アップフロントブックス)など作品集を次々と発表。詩人・谷川俊太郎との共著『あさ/朝』『ゆう/夕』(アリス館)は異例のベストセラーとなった。世界各国の風景を青い時間帯に撮影した『Blue Moment』( 小学館)、牧歌的な生活風景をまとめた『Pastoral』(日本カメラ社)、認定されたフランスの美しい村50 をすべて撮影した『「フランスの最も美しい村」全踏破の旅』(講談社)はロングセラーになっている。日本をテーマにした作品集も多い。
最新刊は『Du Canada』(日経ナショナルジオグラフィック社)

その他

3月下旬 生涯学習館エレベーター前にて、ミニパネル展開催予定

応募問い合わせ先

394-0027 岡谷市中央町1-11-1
岡谷市教育委員会 生涯学習課 生涯学習館
電話:0266-24-8404
E-mail:culture@city.okaya.lg.jp

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)