ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防犯情報

子ども総合相談センター

小中学校紹介

学校統合推進委員会

あいさつ
教育委員会紹介
各種計画等
施策・評価
学校教育情報
生涯学習・スポーツ情報
手続き
教育施設
教育委員会組織

岡谷唐櫃石古墳ヒカリゴケ 

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日
石室内のヒカリゴケ唐櫃石古墳
石室内のヒカリゴケ唐櫃石古墳

 岡谷市指定文化財である唐櫃石(かろうといし)古墳(史跡)の石室中に、同じく岡谷市文化財であるヒカリゴケ(天然記念物)が自生しています。

見学に際しての注意

場所

 岡谷ICからは、20号バイパスを右に行き、「出早」の信号を左へ曲がって、最初の交差点を直進し道なりに進む。次に右手に20号バイパスの跨道橋がある交差点を左へ曲がり登っていきます。上の原小学校入口の少し上の道沿い左側に案内看板があります。そこを右に入ると途中から舗装路ではなくなり、細い道になり、しばらく行くと右手に高圧電線の鉄塔があり、ひらけた場所になります。左側に唐櫃石古墳があります。

駐車場

 付近に駐車場はありません。付近の施設・民家や路上への駐車は絶対にしないで下さい。
 駐車場は出早公園を利用してください。古墳までは徒歩10分くらいです。

シルキーバス

 シルキーバスの最寄停留所は「今井・長地線」と「長地・今井線」の「富士見ヶ丘団地上」です。古墳までは徒歩5分くらいです。バスの本数が少ないので注意してください。

見学の仕方

 天然記念物保護のため、石室入口には鉄柵があります。鉄柵越しにご覧下さい。
 ヒカリゴケは、ホタルのように自ら光るのではなく、石室入口付近に差し込む太陽光が反射して光ります。見学には日中が適しています。
 おおむね、7月から9月末頃が見頃となります。

地図

 唐櫃石古墳

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。