ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

休日急病当番医薬局

妊娠・出産
子どもの健康・予防接種
食育
育児支援
子どもと遊ぶ・学ぶ 地域子育て情報
手当・助成
子育て相談
保育園・幼稚園
子ども・子育て支援の計画
小学校・中学校
サブカテゴリ(成長期)
サブカテゴリ(目的別にさがす)

ガイドブック電子書籍 子育てパパを応援!!イクメンプロジェクト
子育て支援メルマガ げんきっずおかや登録はこちらから


妊婦一般健康診査県外受診補助金事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月2日

妊婦健診を県外等で受診される方へ費用の一部を公費負担します

 岡谷市では、仕事や里帰り等の都合で県外の医療機関や一部の助産所にて妊婦健診を受けられた場合、市から受診費用の一部を助成します。(上限がありますので、超えた部分は自己負担になります。)
 詳しい内容及び申請方法についてはお問い合わせください。

手続き方法

  1. 「県外医療機関・助産院宛通知書」を希望する医療機関に提出し、妊婦健診を受診してください。
  2. 妊婦健診料金は、直接医療機関にお支払いください。
  3. 当課に、県外受診補助金交付申請の手続きをしてください。(申請手続き後、指定していただいた口座へ補助金を振込みます。) 
     【持ち物】
      ・申請書兼請求書(様式第1号)  ※記入方法は、記入見本をご参照ください。 
      ・領収書の原本  ※妊婦健診にかかった分のみ、岡谷市に住所を有する間に受けた分のみ
      ・未使用の妊婦一般健康診査受診票  ※この受診票がないと申請できません。
      ・母子健康手帳
      ・印鑑
      ・通帳  ※原則、妊婦さん名義の口座:書類に記入してあればお持ちいただく必要はありません。
  4. 申請の手続きは随時できますが、この年度の3月末日までに申請をお願いします。(例:平成29年度=平成29年4月から平成30年3月
     ※申請が次の年度になりますと助成できなくなりますのでご注意ください。  
     ※健診が年度をまたぐ場合、3月までの受診分は3月中に申請してください。4月以降の分は次の年度の申請となります。申請書が今年度と来年度の2枚必要になりますのでご注意ください。 
     ※海外で受診された分は助成の対象外となりますのでご注意ください。
  5. 申請手続き後、「妊婦一般健康診査県外受診補助金支給決定通知書(様式第2号)」を送付し、申請していただいた口座へ補助金を振り込みますのでご確認ください。 ※申請時から2ヶ月程かかりますがご了承ください。
  6. 確定申告等で領収書の原本の返却を希望される場合は、決定通知書と併せて送付しますので、申請時に希望の旨をお伝えください。                                                           
受 診 票健 診 内 容 健 診 料 ( 助 成 額)

補助金限度額の目安

基本健診(初回)健康状態の把握、定期検査、保健指導6,350円
基本健診(2回目以降)健康状態の把握、定期検査、保健指導5,750円
追加検査1初回血液検査、子宮頸がん細胞診、クラミジア17,680円
追加検査2血算1,710円
追加検査3血糖1,550円
追加検査4G B S3,600円
超音波検査(外来管理加算分を減額)4,780円

注意事項

 岡谷市外に住民票を異動した後の受診分については、助成の対象外となります。住民票を異動する予定がございましたら、新しい住所地の市町村へお問合せください。異動する前の受診分については、早急に当課へ申請手続きをお願いいたします。

 ※申請書類は、岡谷市役所健康推進課にあります。下記よりダウンロードもできますのでご利用ください。

関連ファイル

事業案内(医療機関用) [Wordファイル/19KB]

事業案内(申請者用) [Wordファイル/49KB]

申請書兼請求書(記入見本) [Wordファイル/36KB]

申請書兼請求書(第1号様式) [Wordファイル/15KB]

 

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。