ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

休日急病当番医薬局

妊娠・出産
子どもの健康・予防接種
食育
育児支援
子どもと遊ぶ・学ぶ 地域子育て情報
手当・助成
子育て相談
保育園・幼稚園
子ども・子育て支援の計画
小学校・中学校
サブカテゴリ(成長期)
サブカテゴリ(目的別にさがす)

ガイドブック電子書籍 子育てパパを応援!!イクメンプロジェクト
子育て支援メルマガ げんきっずおかや登録はこちらから


11月は児童虐待防止推進月間です

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月1日

児童虐待は社会全体で解決すべき問題です

 11月は『児童虐待防止推進月間』です。
 虐待による痛ましい事件が後を絶たない昨今、児童虐待防止は社会全体で早急に解決すべき重要な課題です。
 児童虐待への理解を深め、子どもや保護者から発せられるSOSのサインを見逃さないよう心がけ、ともに虐待防止に取り組みましょう。

 岡谷市では「岡谷市要保護児童対策地域協議会」を設置し、虐待の予防啓発、早期発見及び適切な保護並びに支援に取り組んでいます。

 平成27年度標語 『 「もしかして」 あなたが救う 小さな手 』 

児童虐待とは

【身体的虐待】殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる など

【性的虐待】子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする など

【ネグレクト】家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する
        重い病気になっても病院に連れて行かない など

【心理的虐待】言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、
         子どもの目の前で家族に対して暴力を振るう(DV) など

*子どもの虐待の多くは、「悪いことをしている」という認識がないまま起こっています。
  確証がなくても、あなたが、「あれ?」「まさか!?」と感じたら、相談や通告をしましょう。

気になる子ども・保護者の様子

  • 不自然な傷や打撲が見られる            
  • 着衣や髪の毛がいつも汚れている       
  • 表情が乏しい
  • おどおどして、親を避けようとする                 
  • 落ち着きがなく、乱暴になる
  • 夜遅くまで一人で遊んでいる
  • 地域や親族から孤立している
  • 子どもの怪我について、不自然な説明をする
  • 小さい子どもを家に放置してよく出掛ける
  • 気分変動が激しく、かんしゃくを爆発させる

気づいたら、迷わず下記へ連絡(通告)してください。秘密は法律で守られます。

  • 児童相談所全国共通ダイヤル  189(いち はや く)
  • 県児童虐待・DV24時間ホットライン 電話 026-219-2413
  • 岡谷市役所児童相談専用電話(24時間) 電話 23-4767
    子どもに関する相談や虐待等の通報に、職員が24時間対応します。

 虐待をしてしまう親たちにもさまざまな悩みや葛藤があります。
 非難するだけでなく、家族全体を支援していくことが必要です。

 あなたの連絡・相談が子どもを守るとともに、
 子育てに悩む保護者を支援するための大きな一歩となります。

乳幼児揺さぶられ症候群

乳幼児揺さぶられ症候群 説明画像

関連ファイル

 児童虐待防止推進月間リーフレット(厚生労働省作成) [PDFファイル/753KB]

 里親制度等について(厚生労働省ホームページ)

 オレンジリボンには子ども虐待を防止するというメッセージが込められています

オレンジリボンのロゴ

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)