ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

竜巻への対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

竜巻に注意しましょう!

竜巻に注意しましょう

 近年、国内においては、多数の負傷者また家屋の倒壊等、短時間のうちに大きな損害を被る竜巻が発生しています。
重ねて、最近の気象の変化により、これまで想定されなかった、思いもよらない災害が全国各地で発生している状況であり、前例にとらわれない災害に対する注意が必要です。
 万が一、竜巻が発生した場合には、自身の身体を守るため、最低限の知識と行動を身につけましょう。

竜巻とは?


 発達した積乱雲に伴う強い上昇気流によって発生する、激しい渦巻で、短時間かつ局地的に大きな被害をもたらします。主に次のような特徴があります。

  • 突発的に発生します。
  • 猛烈な風が吹きます。
      車が持ち上げられて吹き飛ばされるほどの渦巻状の強風(風速70m/秒以上)が吹くことがあります。(2012年茨城県)
  • 短時間で狭い範囲に被害が集中します。
      約18分間で、長さ17km、最大幅500mの被害をもたらの竜巻が発生しました。(2012年茨城県)
  • 竜巻自体の移動スピードが速いと被害が大きくなります。
     時速約90km(秒速約25m)で移動しました。(2006年宮崎県)

竜巻の前兆は?

  • 空が急に暗くなる。
  • 大粒の雨、ひょうが降る。
  • 雷鳴が聞こえたり、雷光が見える。
  • 地上に伸びる雲が表れる。

竜巻から身を守るには?

 建物への被害は防げませんが、身を守ることは可能です。

屋内にいるとき

  • 地下室や、建物の最下階に移動する。
  • 窓、雨戸、シャッターを閉め、カーテンを引く。
  • 窓から離れる。または、窓のない部屋に移動する。
  • 家の中心にある頑丈な机の下、または、押し入れの中に移動する。

屋外にいるとき

  • 飛来物に注意する。
  • 近くの強固な建物に避難する。
  • 車庫、物置、プレハブまたは橋、陸橋の下へは逃げ込まない。
  • 避難する建物が無い場合には、くぼみ等に身を隠し、頭と首を守る。

***事前に準備できること***

  • 自宅や職場等の生活行動範囲の避難場所、方法を確認する。
  • ガラスに飛散防止対策(フィルム)を施す。
  • 竜巻注意情報等の情報の入手方法を確認する。
    (竜巻注意情報(気象庁) http://www.jma.go.jp/jp/tatsumaki/ )

竜巻から身を守るには?

 建物への被害は防げませんが、身を守ることは可能です。

屋内にいるとき

  • 地下室や、建物の最下階に移動する。
  • 窓、雨戸、シャッターを閉め、カーテンを引く。
  • 窓から離れる。または、窓のない部屋に移動する。
  • 家の中心にある頑丈な机の下、または、押し入れの中に移動する。

屋外にいるとき

  • 飛来物に注意する。
  • 近くの強固な建物に避難する。
  • 車庫、物置、プレハブまたは橋、陸橋の下へは逃げ込まない。
  • 避難する建物が無い場合には、くぼみ等に身を隠し、頭と首を守る。

***事前に準備できること***

  • 自宅や職場等の生活行動範囲の避難場所、方法を確認する。
  • ガラスに飛散防止対策(フィルム)を施す。
  • 竜巻注意情報等の情報の入手方法を確認する。

関連リンク

関連ファイル

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)