ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 防災・安全 > 防災 > 岡谷市防災ボックス > 岡谷市防災の日(7月19日)制定について

岡谷市防災の日(7月19日)制定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

 岡谷市は、平成18年7月の豪雨災害が発生した7月19日を「岡谷市防災の日」として制定しました。この豪雨災害の体験と教訓を永久に忘れることなく、市民一人ひとりが防災意識を高めるとともに、市は市民をはじめ関係団体と協働し、安全で安心なまちづくりを推進します。

「岡谷市防災の日」を次のように定めました。

<趣旨>


 平成18年7月19日に発生した豪雨災害は、本市にとって未曾有の被害となりました。
 この豪雨災害の体験と教訓を永久に忘れることなく、市民一人ひとりが様々な災害について防災意識の高揚に努めるとともに、市は市民をはじめ関係団体との協働により、災害に対する備えを充実強化し、安全で安心なまちづくりを推進するため、岡谷市防災の日を設けます。

<岡谷市防災の日>


 岡谷市防災の日は、毎年7月19日とします。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。