ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

東海地震に関連する情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

地震に関する情報の危険度を赤・黄・青の「カラーレベル」で示します。

  • 毎月、「東海地震に関連する調査情報(定例)」を発表します。
  • 地殻の異常が東海地震に結びつく可能性が高まった場合、「東海地震注意情報」を発表し、地震発生に備えた準備行動を開始します。住民のみなさんに広報を行い、東海地震への注意を促し、防災行動をとり易いようにしています。
     警戒宣言が発令されると、交通規制など地震発生に備えた各種規制が行われ混雑が予想されますので、「東海地震注意情報」が発表された段階で速やかに防災行動を起こしましょう! 

東海地震に関連する情報と主な防災対策

前兆現象が確認されずに突発的に東海地震が発生する場合も考えられますので、平常時から家の内外の安全対策や、非常持ち出し品の準備をしておきましょう。

岡谷市地域防災計画 地震対策編 第4章 東海地震に関する事前対策活動

 「いつ発生してもおかしくない」とする東海地震説が昭和51年に発表され、幸いにも現在まで東海地震は発生しませんでしたが、「一歩一歩発生に近づいている」というのは多くの専門家の共通した見解です。国の想定震源域の見直しとそれに伴う地震動の再検討の結果、平成14年4月岡谷市を含む96市町村が、新たに地震防災対策強化地域に指定されました。
 東海地震では、気象庁などの観測データが異常なものと判断されると東海地震に関連する情報(東海地震に関連する調査情報・注意情報・予知情報)が発表されます。そうした中、東海地震が発生しそうだと判断した場合には「警戒宣言」が発令されます。警戒宣言は、2から3日(または数時間)以内に大地震の発生が予想されるという警告です。
 警戒宣言が発令されると、交通・ライフラインを始め様々な規制が行われ、各地で混乱を生じることが予想されます。正確な地震情報を収集し、素早く安全に行動することが大切です。
 今回作成した強化計画では、東海地震注意情報が発表された時点で市役所職員が参集し、地震発生に備えた警戒体制(地震災害警戒準備本部設置)を実施します。

東海地震と警戒宣言

東海地震と警戒宣言

警戒宣言時等の対応
項目東海地震注意情報の
発表時
警戒宣言が発令された時備考
市の体制岡谷市地震災害警戒準備本部設置岡谷市地震災害警戒本部設置通常業務は可能な範囲で
避 難  各自安全な場所で待機3日分の食糧等を準備
ライフライン飲料水:供給継続
電気:供給継続
ガス:供給継続
飲料水:供給継続
電気:供給継続
ガス:供給継続
非常体制を確立
電話平常通話状況に応じて利用制限非常体制を確立。災害用伝言ダイヤル171の運用開始
鉄道旅客列車は運転継続
貨物列車等は抑止手配
運転を規制
最寄りの安全な駅等まで運転し停車
乗客等は駅舎内または列車内に残留
バス・タクシー平常運行運転を中止、乗客に避難場所を教示乗客を降ろした後は、最寄りの営業所へ回送
一般道路平常通行一般車両の走行を抑制
強化地域内への流入制限
緊急輸送路への流入制限
 
高速道路平常通行強化地域内への流入制限
走行中の車は低速走行
 
銀行・郵便局平常営業営業停止
ATMは継続
来店中の客の普通預金払戻業務は一部で継続
病院平常診療外来診療を中止
入院患者は原則帰宅
非常体制を確立(発災後の受入れ体制)
耐震性等で安全性が確保される場合
運転者通常運転避難する時は道路外に停車、キーを付け、ドアロックをしないで避難
避難のため車両を使用しない
 
保育園・学校等原則として帰宅
休園、休校
休園、休校 
劇場・デパート平常営業営業停止耐震性等で安全性が確保されるばあいは可能な範囲で小売を継続
コンビニ平常営業可能な限り営業継続 
主に市民が利用する市施設原則休館休館 
その他市施設可能な範囲で業務継続原則として業務は中止 

情報確認

 市では、東海地震注意情報の発表や、警戒宣言の発令など地震に関する情報を確認した場合は、防災行政無線、広報車、防災信号、岡谷市ホームページ等により情報提供をします。テレビ・ラジオ等からの情報も確認してください。

生活必需品の確保

 地震発生時にライフラインの途絶等の事態が予想されるため、各家庭では日頃から3日分程度の飲料水、食糧その他生活物資を確保しておきましょう。

警戒宣言発令時の避難

 警戒宣言が発令された時は、自宅建物の内外の安全な場所で防災措置をとり待機してください。自宅建物の耐震性に不安があり、付近に安全な場所がない場合は、小・中学校の校庭、体育館へ避難してください。
 避難するときは次の事項に注意してください。

  1. 火の始末を確認する。(火気使用機器、ガスの元栓、電気機器のコンセント等)
  2. 正確な情報収集をする。
  3. 携行品は必要最小限とし、リュック等に入れ、両手が使える状態で避難する。
  4. 帽子等で頭部を保護し、行動しやすい安全な服装や履きなれた丈夫な靴等で避難する。
  5. 隣近所で声を掛け合い、できるだけ集団で避難する。
  6. 危険箇所は避け、迂回してでも安全な経路で避難する。
  7. 消防関係者、警察官、市の職員の誘導がある場合には、その指示に従う。
  8. 要援護者等で、家族だけでは避難が困難な人は、隣近所で協力し合って避難する。
  9. 避難するときは原則徒歩とし、車は使用しない。
警戒宣言時の避難場所・施設一覧
施設名避難場所避難施設所在地電話番号(0266)
神明小学校校庭体育館神明町一丁目9番40号22-2243
岡谷小学校校庭体育館山手町二丁目1番1号22-2210
田中小学校校庭体育館田中町三丁目5番17号22-2425
小井川小学校校庭体育館東銀座一丁目1番4号22-2234
湊小学校校庭体育館湊三丁目6番1号22-2728
川岸小学校校庭体育館川岸中一丁目1番2号22-2663
長地小学校校庭体育館長地源一丁目1番3号27-8792
上の原小学校校庭体育館長地出早二丁目6番1号28-1187
北部中学校校庭体育館赤羽二丁目1番24号22-3203
南部中学校校庭体育館湊二丁目1番8号22-3243
西部中学校校庭体育館川岸中一丁目1番1号22-3461
東部中学校校庭体育館長地柴宮一丁目9番13号27-8644

交通関係

 警戒宣言が発令された時は、電車・バス・タクシー等の公共交通機関は運行中止となります。一般車両の通行も規制され、原則として緊急輸送路への流入ができなくなるため、大変な混雑が予想されます。外出中に「東海地震注意情報」を知り得た時などは、警戒宣言が発令される前に速やかに帰宅しましょう。
緊急輸送路(交通規制が行われる道路)

交通関係
路線名起点・終点市内区間
中央自動車道西宮阿智村県境から富士見町県境辰野町境から諏訪市境
長野自動車道岡谷JCTから塩尻IC岡谷JCTから塩尻市境
国道20号線富士見町県境からR19号交点下諏訪町境から塩尻市境
主要地方道下諏訪辰野線R20号交点からR153号交点R20号交点から辰野町境
主要地方道岡谷茅野線本町交差点からR20号交点本町交差点から諏訪市境
都市計画道路丸山橋線R20号交点から本町交差点同左
今井線・中道町線 ※R20号交差点から湖岸線交点同左

 ※今井線・中道町線は第二次路線とし、第一次路線で対応できない時に緊急輸送路とする。

よりよいウェブサイトを提供するためにみなさまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。